改良(仕様)

0
    以前カルガモちゃんの積載重量は基本仕様で40kgでした。(現在は15kgにしました)
    理由は、車体自体が重くなったのと、実際に40kgを運ぼうとするとスピードがかなり遅くなってしまい、実用的ではないからです。(床の状態によっては動かない不具合も発生しました)

    そこでカルガモちゃんに重量品運搬仕様(100kg目標)を設定しようと、動力部分の設計を見直してみることにしました。

    現状は前輪を駆動輪にして後方の自在キャスターの合計4輪で荷重を受けています。
    ただ、この仕様だと重量が重くなったときにスピードを上げようとするとトルク不足で動かなくなってしまいました。

    そこで、今回はモーター、及びモーター駆動輪の設置方法を変更して試してみようと考えております。
    検討項目は以下の通り
    1.モーターを高出力の物に変更(70W以上)
    2.台車部分についているキャスターを変更
      .織ぅ箏造鬘沓帰100
      固定キャスターに変更
    3.4輪をキャスターにしてその真ん中にモーター駆動輪を設置(合計6輪)
    4.市販のAGVの様にモーター駆動輪を独立させて、台車の下に潜り込ませて牽引させる
    5.市販のAGVのモーターユニットを取り付ける

    以上の項目を単体および複合して試験してみる予定です。
    ただ、1と5は結構な費用が必要なので慎重に検討してみます。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 3Dプリンタ改造
      oyagamo
    • 3Dプリンタ出力(ABS)
      arms22
    • 3Dプリンタ改造
      arms22
    • 3Dプリンターの表面処理(積層痕の修正)
      oyagamo
    • 3Dプリンタ改造
      oyagamo
    • 3Dプリンタ出力(ABS)
      oyagamo
    • 3Dプリンタ出力(ABS)
      arms22
    • 3Dプリンタ改造
      arms22
    • 3Dプリンターの表面処理(積層痕の修正)
      ばーちゃわーるど
    • カルガモードセンサーユニット
      広瀬順子

    profile

    書いた記事数:74 最後に更新した日:2013/12/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM