3Dプリンタ出力(ABS)

0
    昨日のPLAに続いて今回はABSを出力してみました。
    ベッドに樹脂をうまく載せるために今回はベッドの下にヒーターを敷いてます。
    付属のアルミ板の別途ではヒーターの電極部分があたるため切りかけをしています。

    アルミ板の温度は実測で大体ヒーター温度の80%程度だったので、推奨温度の110℃から逆算して
    130℃に設定しました。
    ただ、やっぱり造形の最初の方の樹脂がベッドに載りづらいです。
    そこでスライサーソフトの”KISSlicer”の"support"の「Raft」-「Pillar」に設定して最初ベッドに樹脂を点々で載せる感じにするとその後の造形がキレイに進みました。(この辺りは、温度管理によってもうちょっとうまく調整出来るかも知れません)

    昨日のPLAでつくった物と比べてもほぼ同じ精度の物が出来ました。


    下のメッシュがあるのがABS 無いのがPLAです。

    もうちょっと、いろんな物を作りながら設定を試していきます。

    コメント
    Z-offsetちゃんと設定してる?
    ベッドとノズルの間の距離をzoffsetに設定するといいよ。
    0.1mm以下に設定しないと0.1mmで積層はできないよ。
    • arms22
    • 2013/11/10 11:48 AM
    ご指摘ありがとうございます。
    0になってました。
    今は、作成時間の問題もあるので0.3mmで積層しています。
    0.1mmで積層したいときは、0.05mmとかにZ-offsetすればいいということですか?
    • oyagamo
    • 2013/11/11 10:23 PM

    ノズルとベッドの隙間の距離をZ-offsetに設定します。
    スライサーはZ-offsetの値をZポジションから引いた値をGcodeに出力します。

    例えばレイヤー0.1mmでプリントしようとすると最初のレイヤーはZ=0.1mmから始
    まります。
    この時、ベッドとノズルの隙間が0.1mmあると、最初のレイヤーは実際には0.2mm
    の高さから始まります。
    ノズルの先端をZ=0とすると、隙間がある分、最初のレイヤーがくっつき難くな
    ります。
    • arms22
    • 2013/11/12 11:36 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 3Dプリンタ改造
      oyagamo
    • 3Dプリンタ出力(ABS)
      arms22
    • 3Dプリンタ改造
      arms22
    • 3Dプリンターの表面処理(積層痕の修正)
      oyagamo
    • 3Dプリンタ改造
      oyagamo
    • 3Dプリンタ出力(ABS)
      oyagamo
    • 3Dプリンタ出力(ABS)
      arms22
    • 3Dプリンタ改造
      arms22
    • 3Dプリンターの表面処理(積層痕の修正)
      ばーちゃわーるど
    • カルガモードセンサーユニット
      広瀬順子

    profile

    書いた記事数:74 最後に更新した日:2013/12/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM